5つの基準をもとに選んだメンズサプリ

数ある商品の中から選び抜いた男性サプリ

メンズサプリを使うときは過剰摂取による副作用のリスクもあります。例えば以下のような症状が考えられ、デメリットになることもあるでしょう。

頭痛や下痢などと言う症状です。用法用量を守り過剰に摂取して効果をだそうとはしないようにしましょう。

また、体調不良の際も副作用を意識して過剰摂取を避け雨量にしましょう。

男性は男性自身の大きさなどでコンプレックスを持つ人が多いと思いますが、こういう悩みは正しい知識で対処しましょう。

下半身のコンプレックスを抱いていて増大をしようと思っているのであれば、即効性や確実性の観点からいえば、増大手術が一番でしょう。

ですが、増大手術というのは体に負担がかかるものですし、費用もかかってしまいます。

また、精力増強や勃起したときのパワーアップなどをしようと思ったときに、まず思いつくのがバイアグラなどを使うという方法ですが、こちらも副作用などの危険性もあります。

メンズサプリなら医薬品ではないので副作用の心配などもありませんし、毎日使い続けることにより男の自信を取り戻せるでしょう。

当サイトで紹介しているメンズサプリは売れているからといって選んだものではありません。

以下のような基準からメンズサプリをランキングしています。どれくらいの成分が配合されているか、どれくらいの種類が配合されているか、どれくらい売れ続けているのか。

男の自信を手に入れるにはいろいろな成分を摂取する必要があります。

いろいろな成分を配合することにより期待できるものもありますし、単体で男本来の力強さを狙えるものもあります。

値段が安いメンズサプリになると安価のために配合されている成分がかわってきます。特に重要なのは複数の成分がどれくらい配合されているかということです。

メンズサプリにはいろいろな成分が配合されていますが、特にシトルリンという成分が有名ですね。シトルリンには一酸化窒素効果により巡りをよくする作用があります。

アルギニンは人体の成長に欠かせないアミノ酸成分の一つで、成長ホルモンの分泌を促す作用が確認されています。

さらに、体内でアルギニンからシトルリンという変化を起こすことによりシトルリンになる効果もあります。

シトルリンなどには一度に吸収できる上限があるので、この上限を超えなければギリギリのラインを狙いましょう。

シトルリンやアルギニンはアミノ酸成分なので、飲み過ぎても副作用などの危険性はありませんが、一日の目安としては以下の量になります。

シトルリンの一日の摂取量は1000mg、アルギニンは一日400mg、上記の摂取量ならいいでしょう。

すなわち、これらの一日の推奨摂取量に近いほどおすすめのサプリといえるでしょう。

メンズサプリの副作用とは

メンズサプリはそもそも医薬品ではなく食品です。栄養補助食品なので副作用の心配もありません。

管理人の私自身今まで数あるメンズサプリを使い続けてきましたが、一度も副作用といえるような症状がでたことはありません。飲み過ぎて下痢になったことはありますが。

ですが、亜鉛などのミネラルは飲み過ぎると嘔吐や下痢などの症状がでることもあります。

当サイトで紹介しているメンズサプリは基準値以内の亜鉛含有量のサプリばかりなので、副作用の心配はありません。

メンズサプリの他に亜鉛を多く含む牡蠣などの食品を大量に食べると似たような症状が起きることもあります。

また、副作用とは違いますが、人によっては体質似合わない成分を飲んだことにより体調が悪くなることもあります。

とくに、なんらかのアレルギーを持っている人は特定のサプリを使う前には、そのサプリに自分のアレルギー反応を起こすような成分が配合されていないかチェックしましょう。

メンズサプリで結果を得られなかったら

メンズサプリと食生活を同時並列で改善することにより男の自信が期待できますが、半年以上使っても何の変化も得られなかったら使うのを辞めましょう。

いろいろなサプリを半年以上使い続けても何の変化も得られなかったら増大手術がおすすめです。

増大手術は費用がかかってしまいますが、確実に増大できる方法です。

大人になってからでも男の自信が復活するか?

メンズサプリを使い続ければ大人になってからでも可能です。

勃起力が弱まっている人などは、食生活の改善をしたり、飲酒や喫煙量を減らしたり、メンズサプリを使い続けることにより、栄養を補給しましょう。

メンズサプリには嘘くさい商品が多い?

メンズサプリには過激なキャッチコピーもたくさんありますし、うさんくさいものもたくさんありますよね。

当サイトで紹介しているメンズサプリは国産のもので人気で売れている商品のみを紹介しています。

逆に言うと、当サイトのようなランキングや比較サイトを使わずに、公式サイトの情報のみで検討してしまうと、悪質なサプリを使ってしまうと言うことにもなります。